« 129:040808 停電 | Main | 131:040810 政策研究大学院大学での講義3回目 »

2004.08.09

130:040809 野尻学荘と野尻の自然

東京YMCAの機関誌「東京YMCA」の7/8月号にshioの原稿が掲載されました。それも1面トップに顔写真入りで。小学生の頃からYMCAのキャンプに参加し、大学生になってからはリーダーとして参加させていただき、1995年以降はスタッフとして参加させていただいているYMCAにこのようなお力添えができたこと、嬉しく思います。ここで述べていることは、shioがYMCAのキャンプで感じていることのエッセンス。shiologyにも転載してありますので、ご興味があればご一読ください。

現在、YMCA野尻キャンプ場では、7日から野尻学荘(というキャンプ)が始まっています。だからでしょうか、shiologyへ「野尻学荘」での検索がいくつがありました。そこで今日は野尻学荘と野尻キャンプについて少し書きましょう。

野尻学荘は中学生高校生男子のみを対象とした15日間のキャンプです。今年で69回目。1932年から始まった日本で最も歴史の古い(とされている)組織キャンプです。shioは中1から高2までと大学生になってから、トータル十回ちょっと参加しました。ここで得たものは大きいです。計り知れません。グループの中での人間関係や共同作業での協調性などといったおよそ社会で必要とされる基本的な社会性はもとより、実技のスキルは何物にも代え難い財産です。アーチェリー、ヨット(ディンギー)、カヌー、カヤック、ボートなど、すべて中1から始めました。最初からきちんと教えてくださったリーダーたちにはいまでも心から感謝しています。教えてくださらなかったリーダーにも本当に感謝しています。おかげでいまはそのスキルを若い人たちに伝えることができるし、その楽しさを分かち合うことができるからです。

教えていただいたことに感謝しているのはアーチェリーです。
教えてくださらなかったことに感謝しているのはヨットです。
中1のとき、shioがどうしてもヨットに乗りたい、とリーダーに毎日懇願したのですが、安全のため、ヨット実修をとっていない人は乗ることができないということでした。しかし数日後、あるリーダーが「お前は泳げるから、乗ってこい。倒れたらセンターボードに乗れば起きるから。」とだけ言って乗らせてくださったのです。もちろん誰も付き添っていません。全くひとりで、何のインストラクションもなく放り出してくださったのです。案の定、岬を過ぎたあたりでブロー(強い風)に吹かれて、バッタリ倒れました。言われたとおり、センターボードに乗って起こしました。そこから試行錯誤の始まりです。毎年毎年、野尻に行って暇さえあればヨットに乗っていました。そしていつしかヨットに乗れるようになりました。野尻学荘カップのヨットレースで2回、優勝しました。確か中3と高1のときだったと思います。

人から教わるのは簡単なことです。教えるのも簡単なことです。でも、体験のないところで何を教わっても真意は理解できません。体験のない人に何を教えても、真意は理解されません。やはり何事も体験が先。理論は後。自分で試行錯誤して、先輩がやっていることをよーく観察して技術を盗んで、疑問を持って本をひもといて、また自分でやってみて……。これの繰り返しで身に付けた技術は自信に満ちたものです。shioがゼミなどで「教えない」のはそのためです。

野尻で受けたご恩は野尻で返したい。
shioが現在に至るまで野尻小学生キャンプにスタッフとして関わっているモチベーションはそこから来るものです。
年長者から伝えていただいたものは年少者に伝えるべきだと思います。自分で止めてはいけません。

いま、fotologには野尻の自然シリーズをアップしています。8月3日分からです。
今日までにアップした花の写真3枚、カブトムシの写真1枚は、すべてYMCA野尻キャンプ場の中で撮影したものです。このような美しい花が、何種類も、全く自然に咲いているということに感動します。そのいずれも群生しているのではなく、たった1株、咲いているだけです。そしてその横を何百人ものキャンパーが日常的に去来しているにもかかわらず、だれもそれを摘み取る愚行をしない。その優しさにもうれしくなります。さすがにカブトムシは子どもたちの格好の標的となり捕らえられてしまいますが、彼らも2〜3日キャビンの中で楽しんだ後、木に帰しています。

野尻の豊かな自然。大好きです。

« 129:040808 停電 | Main | 131:040810 政策研究大学院大学での講義3回目 »

学問・資格」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
YMCA野尻キャンプを検索してて見つけました。
私も小学生のころから高校3年生まで学荘ではありませんが参加していました。
私の参加していたのはヨットキャンプと中高生キャンプでしたが
やはりshioさんと同じく得たものがとても大きかったです
初めて参加したときはとても不安定な時期だったのですがそれでも暖かく
迎え入れてくれた野尻、YMCAのかたがたにはとっても感謝しています
いま大学生なのですがいろいろあってリーダーでは活動できませんでしたが
残りの2年間はYMCAにかかわって行こうとおもってます。

野尻を愛してくれている人がいてとてもうれしくてついつい書き込んでしまいました
面識があるわけでもないのにもうしわけありません

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/1158596

Listed below are links to weblogs that reference 130:040809 野尻学荘と野尻の自然:

« 129:040808 停電 | Main | 131:040810 政策研究大学院大学での講義3回目 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください