« 062:040524 Archives研究会 | Main | 064:040526 含蓄 »

2004.05.26

063:040525 seminars

(040523から3日分、まとめてアップロードです。)

1限、2限:ゼミ。今日やったことは……
・いつも、「問題の核心は何か。」を問いましょう。
・問題が見えたら、その解決の途を描きましょう。
・「二重譲渡」という「見た目」に惑わされることなく、緻密に法律構成しましょう。
・177条の文言を、正確に捉えましょう。
・条文をそのまま適用してみたときに、その結論が自分の価値観に照らして妥当性を欠くなと感じたら、「解釈」の道を探りましょう。
・救済を必要とする人の立場に立って(=その人本人またはその代理人弁護士になったつもりで)、法的に可能な解決策を探りましょう。

といった感じでしたっけ。

お昼休み:Eとランチのあと、ゼミの卒業アルバム写真撮影。暑いくらいの晴天。いい写真が撮れたと思います。

3限:1年ゼミ。
・ものごとを始めるときに最初にやるべきこと。
・無人島に行ったらどうするか。
・高い山に登る意味。ヘリコプターに乗る意味。
・骨の標本と骸骨の関係。
・腕の骨、指の骨。
・債権法の構造と構成。
・債権の一生。
・不法行為。

4限:民法1
・錯誤
・相手方や第三者からの錯誤無効の主張の可否
・動機の錯誤
・詐欺
今日は終了後の質問がとても多かった。shioの説明が足りなかったところもあったと思いますが、多くは講義の内容を理解した上で「その先」を知りたいという質問。そういう質問をいただくと、とてもうれしいです。次回の講義ではその質問の中から、「契約が遡及的に無効になったらその後どうなるか」について補足します。

講義終了後、経済学部の1年生がshioの民法1にもぐりたいと申し出てきました。どうぞ、どうぞ。shioの民法1は、もぐりがたくさんいますから。
大学は自ら求めて初めて得るものがあります。単位の取得という形式的なこととは全く別に、自分の興味のありそうな講義には、どんどんもぐってみるのがいいですよ。もちろんクラスの性質などによっては担当の先生が「ダメ」とおっしゃる場合もありますが、そうでなければ、いろんな講義を聴いて知見を広めてください。

shioが4月の最初のガイダンスで1年生に向けて言った3つ。実践してますか?
どうぞ豊かな大学生活を送ってください。

« 062:040524 Archives研究会 | Main | 064:040526 含蓄 »

学問・資格」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/656177

Listed below are links to weblogs that reference 063:040525 seminars:

« 062:040524 Archives研究会 | Main | 064:040526 含蓄 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください