« 051:040514 praise & gratitude 感謝と賞賛 | Main | 053:040516 行列のできる法律相談所はスバラシイ »

2004.05.17

052:040515 叱咤と激励

昨日の続き。
shioは昨日、「感謝」と「賞賛」が人を伸ばすと書きました。
しかし、人はよく「叱咤、激励」します。shioはこれに全く賛成しません。

まず「叱咤」。
しつけにおいて叱ることは非常に大切です。しかし、それは人を「伸ばす」ことにはつながりません。マイナスの方向に行った人を、ゼロまで補正する作用しかありません。
叱るとは相手の過去の行為を否定する働きかけです。悪いこと、いけないことをした際に、それがよろしくない行為であることを理解させ、以後の生活における行為規範を与える。それは社会生活を営む上で極めて基本的で重要なプロセスあり、成長の過程で質の良い「叱咤」に触れることは不可欠です。

しかし、叱咤で人は伸びない。ダメなものをダメというだけだからです。その人の行為を否定するものだからです。叱咤が依拠する価値観は叱咤する人の価値観であって、叱咤される人の価値観とは異なる可能性があるからです。

したがって、「人を伸ばす」という視点においては、叱咤は有効ではありません。

次に「激励」。
これも人を伸ばす働きかけではないと思います。
激励とは、うしろから人を強く押し出すこと。たとえば、尻込みしている人を舞台に押し出したところで、いいパフォーマンスができる保証はありません。自ら舞台に出たいと感じ、すでにその能力と自信を持っている人に対してであれば、激励をすることも効果を持つかもしれません。しかし、そのような状況にない人をいくら舞台に押し出そうとしても、余計に足を踏ん張って舞台に出ないようする力を強めてしまうことになりかねません。

「がんばってね」、「がんばれ」ということばを耳にする回数がとても多い。shioもまれにことばが見つからなくてこのことばを使ってしまうときもあるけれど、できるだけ使わないようにしています。そしてゼミのみんなには常日頃、「がんばるな」と言っています。「がんばるくらいならやらなくていいよ」と言っています。がんばらない方がいいパフォーマンスができると思うのです。

叱咤と激励。
イケマセンとガンバレ。
どちらもshioは好きではありません。

040514のshiologyへのアクセスは70件でした。
ご覧いただきどうもありがとうございました。

« 051:040514 praise & gratitude 感謝と賞賛 | Main | 053:040516 行列のできる法律相談所はスバラシイ »

Education」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Comments

いつも楽しく拝見させていただいています。感謝と賞賛について一言。実は、わたしは大学時代に、でたらめに単位を取りまくっていた時期があるのですが(おかげで人よりも長く大学にお世話になりました)、その時にマルクス経済学を取ったのです。とる前から興味しんしんだったのですが、絶対に洗脳されてはならないぞ、と自分に言い聞かせて授業にのぞみました。
そうしたら授業の面白かったこと。わたしの人生観を変えるような授業でした。
 そこで習ったことで、今でも覚えていることがあります。人生の目的というか意義のようなものは3つある、とマルクスが言っているのです。1つは、物事を作り出す際に、自分の思いというか魂を込める喜び。2つめは、他人が作り出した物に、その人の思いや魂を見出す喜び。3つ目は、作り出した人と、それを消費する人の間で、思いや魂が共有されるという喜び。
 この3つの喜びを得るために人生はあるし、そういう人生でなければならない、というような話でした。これって塩澤さんのおっしゃってる「感謝」と「賞賛」に似た話じゃないでしょうか。
 わたし自身、この3つの喜びを日々感じたいために今の仕事をしているのだし、ブログを続けているのだと思います。

p.s. わたしはshiologyをRSSリーダーで毎日読んでいます。サイトにアクセスしないので、カウンターに反映されないですが、熱心な読者の一人だと思っています。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22410/606379

Listed below are links to weblogs that reference 052:040515 叱咤と激励:

« 051:040514 praise & gratitude 感謝と賞賛 | Main | 053:040516 行列のできる法律相談所はスバラシイ »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください