« 050:040513 頭を味方に付ける | Main | 052:040515 叱咤と激励 »

2004.05.15

051:040514 praise & gratitude 感謝と賞賛

3限4限:民法2。
・クイズの解説
・質問への回答
・原始的不能な契約と契約締結上の過失
・同時履行の抗弁権

今日は講義終了後、質問の列が長かった。
事務に行って書類提出。研究室にてKと話しをするも、すぐに工学部の先生方がいらっしゃる。

17:00〜18:30、工学部の先生と事務のスタッフ2人が来訪。紀要のWeb公開について、著作権規定の策定にあたり、アドバイス。

世の中が回ってゆく原動力には様々なものがあるし、また見方によって様々な切り口がある。shioはそのうち、「感謝と賞賛」が最も美しいと思います。たとえばfotolog。他人の写真の良いところを見つけ、賞賛する。それに対して感謝する。これの繰り返し。感謝されるからまた賞賛する。この感謝と賞賛の渦があるから、人はfotologに写真をアップしたいと思うし、そのためにいい写真を撮りたいと感じる。つまり、「感謝と賞賛」原理で動いているcommunityがあるから、人々のcreativityが鼓舞され、新たな著作物が次々と生み出されてゆく。

人をcreativeにする原動力。人の心を表現に向かわせる原動力。社会を文化的に豊かにする原動力。それが「感謝と賞賛」。教育の基本原理でもあります。「叱咤」も「激励」も、その効果において「感謝と賞賛」には遠く及びません。

感謝と賞賛。
アリガトウとスバラシイ。
Praise and Gratitude.

shioはこのふたつが大好きです。

040513にshiologyには63件のアクセスがありました。
ご覧いただきどうもありがとうございました。感謝!!

« 050:040513 頭を味方に付ける | Main | 052:040515 叱咤と激励 »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

Education」カテゴリの記事

Comments

いつも読ませていただいています。参考になることそして啓発されることばかりです。「感謝と賞賛」私も心がけていきたいと思いました。それから「学生の頭を味方につける」という講義…。考えさせられました。一方通行になりがちな私の授業を考え直すきっかけになりました。ありがとうございます(感謝です)。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 051:040514 praise & gratitude 感謝と賞賛:

« 050:040513 頭を味方に付ける | Main | 052:040515 叱咤と激励 »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください