« 013:040405 entrance ceremony | Main | 015:040407 at office »

2004.04.25

014:040406 education

10時から民法1担当者会議。

12:20からshioゼミミーティング。
軽く自己紹介をした後、ゼミ合宿のこと、次回のゼミのこと、shioゼミメンバーへの願い等について話す。

教職員食堂でランチをしようと思ったら、スパゲッティ以外のメニューがすべて売り切れ。そこで、第2学生食堂へ。ここは空いていてよろしい。

研究室で仕事。
Mに手伝ってもらって、買い込んだ飲料水やお茶のペットボトルを研究室に運搬。

野尻キャンプのボランティアスタッフ会。
建設的な意見がたくさん出る。
どのようなリーダーになって欲しいと願っているかについてブレスト。
──いろんなことに気づく。子どもからいろんなものを引き出せる。子どもと一緒に遊ぶ、話す。対等でいる。ほめる。ほめどころがわかる。相手の存在を受け入れる。自分の価値観がしっかりしている。相手の話を最後まできちんと聞く。魅力的。体力がある。知力がある。安全を守れる。危険予知ができる。自律的。自立している。楽しい。楽観的。心が豊か。創造性に富む。想像力が豊か。人としてぶつかれる。感性が豊か。きちんと叱れる。判断力がある。協調性に富む。柔軟性がある。

ふーむ。これって親に求められる素養と同じだ。

リーダートレーニングについてshioの意見。
教育の「現場」では、4つのステップが必要。
(1) 説明する。
(2) やってみせる。
(3) やらせてみる。
(4) 評価する。

そしてその結果によってさらに、必要な部分に関して(1)から繰り返す場合もある。
この4ステップをいかにエレガントに行うかが、教師の腕にかかっています。
大学の講義の多くは、延々と講義をしたあと期末試験。つまり(1)のあと、いきなり(4)に飛ぶ。それでは学生は伸びない。shioの民法2, 3, 4などの講義であのような形式をとっているのは、300人サイズのクラスで(1)〜(4)を行うための現時点での解なのです。

リーダートレーニングに話を戻すと、やはり、グループの中でリーダー役をやらせてみることが必要でしょう。そしてそのあとにお互いに評価をし合うことが大切なのです。
これがshioの意見です。

終了後はいつものように焼き肉。おいしい!!
みんなでコーヒーを飲んで帰りました。

« 013:040405 entrance ceremony | Main | 015:040407 at office »

学問・資格」カテゴリの記事

Education」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 014:040406 education:

« 013:040405 entrance ceremony | Main | 015:040407 at office »

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください