2014.09.29

3808-140922 iPhone 6 Plusで撮影して「共有フォトストリーム」でシェア

IMG_0155

iPhone 6 Plusのカメラで撮影する写真がとてもきれい。

総合的に考えて、ほぼ最高のカメラ。

IMG_0152

以下、カメラとしてのiPhoneのすばらしいポイントを挙げてみます。

  • 常時携行できる薄さ、軽さ
  • 長時間もつバッテリー(iPhone 6 Plusのみ)
  • 充電が容易
  • 撮影が簡単
  • 適度に十分な画質
  • 暗い場所でも低感度高画質で撮影できる光学式ブレ補正機能(iPhone 6 Plusのみ)
  • 扱いやすいファイルサイズ
  • 撮影後に何もせずともiCloud経由で写真が自分のMac/iPhone/iPadに転送されている簡便さと安心感
  • 撮影した画像を加工できる面白さと創造性
  • 周囲のiPhone/iPadユーザーにアカウントや電話番号などを交換することなく画像をAirDropですぐに送信できる簡便さ
  • iCloudの「共有フォトストリーム」に流すことによって、iCloudアカウントを知っている相手に即座にたくさんの写真を共有できる楽しさ
  • 撮影画像を即時にSNSなどでシェアできる速報性
  • 膨大な数の画像をためておける容量
  • 過去に撮影した画像を地図上に表示して閲覧できるわかりやすさ

IMG_0158

まだまだありそう。

もしこれでシャッター音を「マナーモード」に設定できたら真に最高のカメラです。iPhoneに限らず、日本の携帯電話に付いているカメラはどれも、撮影時にけたたましい擬似シャッター音が鳴るのが玉に瑕。音楽会とか卒業式など静粛な状況では撮影をはばかられます。本来、無音で撮影できるすばらしいカメラなのに、わざわざ無粋な人工音を付加する。本当にもったいない。

IMG_0153

その点を除けばiPhoneは総合的に見て、当代最高のカメラです。ひとつくらい欠点があっても仕方ない。

shioが講師のご依頼いただく写真講座でも、カメラとしてのiPhoneについてお話する機会が増えています。iPhoneの写真講座、好評です。

歴代iPhoneのうち、shio的ベストはiPhone 6 Plus。

IMG_0156

8月に1週間、ボランティアスタッフとして参加した東京YMCAの野尻小学生キャンプ。現在、その「評価会」が繰り返し行われています。今年のキャンプを多角的に評価し、次年度のキャンプをより良いものにするための重要なステップです。

その評価会で議論するリーダーたちをiPhone 6 Plusで撮影しました。画像はその場でリーダーたちに共有フォトストリーム経由を使ってシェア。超簡単。

IMG_0159

このエントリーの写真、すべてiPhone 6 Plus。

暗くても手持ちでこんなにきれい!!

IMG_0149

2014.09.28

3807-140921 iPhone 6 Plusで「Lightning - SDカードカメラリーダー」を使えるようにしていただきたい

IMG_0141

iPhone 6 Plusで期待していたこと。それは、現在、iPadだけで使える「Lightning - SDカードカメラリーダー」が使えるかどうか。

デジタルカメラで撮影した画像をSDカードからiPadに直接一気に読み込むには、最高に重宝です。ぜひともiPhone 6 Plusでも使いたい。

IMG_0094

結果、使えませんでした。

Appleさま、ぜひともiPhone 6 Plusで使えるようにしていただきたい!!

IMG_0041

3806-140920 mazec革命

IMG_4836

9月18日の朝、iPadをiOS8にして以来、文字入力は「mazec」(マゼック)ばかり使っています。

IMG_4837

「7notes」、「MetaMoJi Note」、「MetaMoJi Share」というアプリの中だけで使えていた手書き入力環境が、「mazec」として独立し、iOS8のリリースに伴って、全アプリで使えるようになったのです。すばらしい!!

ひらがなと漢字を混ぜて書いてもちゃんと入力されるから、「交ぜ書き」OKなのでマゼック。

iPhone/iPadのiOS8で使えます。同社が開発した「Su-Pen」で書くとさらに快適。

IMG_4838

ペンで手書きした文章がちゃんとフォント文字になってメッセージで送れるってなんか新鮮。

キーボードをタイプしたりタップしたりせず、いままで紙に文字を書いていたのと同じ動作で文字を書けばiPhone/iPadを使える。すべてのアプリで手書き文字が認識されてそのまま入力できる。

デバイスが人に近づく。人に優しくなる。紙とペンの理想にまた一歩近づいた。より多くの人がデジタルの恩恵を楽しめる。

これは「mazec革命」だ!!

IMG_4835

3805-140919 iPhone 6 Plusをまっさらな状態で使い始めて快適

IMG_0006

9月19日、iPhone 6とiPhone 6 Plusが発売されました。2限の「民法1B発展講義」が終わって研究室に戻ったところ、12日の16:35にオンラインのApple Storeで購入した「iPhone 6 Plus(128GB・シルバー・SIMフリー)」(税込み107,784円)が届いていました。

その準備のため、朝、今まで使ってきたiPhone 5をMacにつなぎ、iTunesで「このコンピュータ」の「iPhoneのバックアップを暗号化」を選択してバックアップ。

IMG_0004

しかしバックアップを作成中、考えた。iPhone 6+はiPhone 5のバックアップを引き継がずにまっさらな状態で使い始めた方がいいのではないか。

  • ほとんどの情報はクラウドにあるからiPhone 5から引き継がなくていい。
  • iPhone 5から引き継いだとしても、各種重要なWebサービスには再ログイン(あるいは2段階認証)が必要だから手間は同じ。
  • それ以外の一般的なWi-FiとかWebサービスは、Mac/iPhone/iPadで一度使えば、IDとパスワードがiCloudに記録されていて、新しいiPhone 6 Plusにも降ってくるからいずれにしても入力不要。
  • iPhone 3GSの時代から引き継ぎ続けているiPhone 5の諸情報の中にはもはや不要なものもあるはずなので、ここで一旦クリアにしておく方が不具合も生じないはず。

IMG_0007

といったことを考慮して、iPhone5からの復元はせず、iPhone 6 Plusをまっさらなまま使い始めました。開封したiPhone 6 Plusを起動して、iCloudのアカウントを入力し、新しいiPhoneとして使用開始。

スケジュールとか住所録とかメイルとかSafariのブックマークとか、普段使う情報はもうiPhone 6 Plusに入っている。Appleのクラウドサービス「iCloud」から降ってくるのです。

EvernoteやGmailといった2段階認証を要する幾つかのパスワードなどを再設定したら、ほとんど従来通り。なにも困ってない。

IMG_0032

もう、古いiPhoneから情報を引き継ぎ必要はないと実感しました。

逆にiPhone3GS時代から引き継ぎ続けてきた膨大な数の不使用アプリを一挙に払拭できてスッキリ。29GBを占めていた写真とビデオもなくなってクリア。それらの写真もビデオも複数のMacに入っているし、flickrにもあるし、元のiPhone5にもまだ入っているのでiPhone 6 Plusに入れる必要ない。

日々使うアプリだけApp Storeから(過去に購入済みだからもちろん無料で)落としてきたところ、従来11ページあったホーム画面は4ページに収まりました。その結果、空き容量100GBという広大なワーキングスペイスを得ました。

IMG_0030

通信環境も無問題。

au版のiPhone5からSIMフリーのiPhone 6 PlusにSIMを移したら、完全に通信できてます。auサポートというアプリもちゃんと認証通りました。ありがたいことです。

MVNOへの移行を考えていましたがこのままauを使い続けることにします。ユーザー本位のサービスを提供しているKDDIに感謝。

IMG_0034

吉祥寺にて4G回線の速度計測してみたら、なんたる爆速。

【RBB TODAY 回線スピード測定 スマホ版】2014/09/20(土) 10:31:04 下り:68.44Mbps 上り:7.57Mbps 3G

IMG_0035

ここに掲載した写真はすべてiPhone 6 Plusで撮影したもの。

きれいすぎ。

IMG_0036

目の前にMacがあるのに、なぜかiPhone 6 Plusで作業しているほど快適。

MacBook Air 11インチ(88,000円)より高額な小型コンピューター。この新しいアトリエでますます楽しく作業します。

IMG_0003

2014.09.26

3804-140918 iOS8、便利だ〜(写真はGR)

GR017820

9月18日未明、iPhone/iPadのiOSの新バージョン、「iOS8」の配布が始まりました。朝起きてすぐ、iPhone5とiPad Airに適用。

GR017856

従来の「iOS7」と、見た目や操作性に変わりなし。素晴らしい‼︎ ユーザーが培ってきた使い勝手に変容を強いることなく機能の進化を図る、Apple流。ありがたい。

shio的に気に入ったところを挙げていきましょう。

GR017818

iOS8のメール、スワイプの機能割り当てができるようになりました。shioは、右向きスワイプに「アーカイブ」を設定。ワンアクションでメイルをアーカイブできます。ブラーボ‼︎

これにより、メイルのリスト表示で、左向きスワイプをしたらメイルを削除、右向きスワイプをしたらアーカイブでき、メイルをテンポよく受信箱から消していける。残っているメイルには返信などして、対応が終わったらアーカイブ。

従来は、iPhone/iPadでアーカイブするには数ステップ必要だったので、ワンアクションでアーカイブできるMacでのみアーカイブしていました(command+control+{A})。iOS8になった今、iPhone/iPadでメールを見た瞬間に(中身を見ずとも)削除かアーカイブできます。ポンポン、はかどる。快適。

GR017865

iOS8では、受信したメイルから新規連絡先を登録できます。メイル本文に書かれている各種の情報も自動的に取り込まれて、住所録に登録できます。便利。Macの同機能よりもより便利かもしれません。

GR017858

iOS8のテンキーボード。[や]の左右フリックで[「]と[」]を入力できるようになりました。もちろん他の括弧にも変換可能。素晴らしい。

GR017861

iOS8のテンキーボードでフリック入力する際、入力に対する反応が高速化しました。タップやフリックに対して瞬時に文字が入力されます。「キーボードかくあるべし」ともいえる即時レスポンス。shioの入力速度に遅れることがなくなりました。

いままで、長文を入力するときにはATOK Padを使っていました。テンキーボードのフリックに対するレスポンスが快速だからです。でも、iOS8のテンキーボードであれば、もうATOK Padに頼らなくてすみそうです。

ホーム画面からATOK Pad削除してみました。iOS7までの間、高レスポンスなテンキーボードを提供してくださったことに感謝しております。またiOSの日本語入力が不調になったら復活させます。

GR017864

iOS8のズーム機能、見やすく、使いやすくなりました。ありがたい。「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ズーム機能」をON。

iPhoneのズーム機能、以前からプレゼンなどで使う機会があります。また、Webブラウザを使っているときに、スマホ用ページなのにピンチアウトしても拡大されない場合に使います(スマホ用ページなのに表示倍率を変えられないサイトが多いのが不思議)。

GR017862

画面を3本指でタップすると長方形のルーペが表示されます。これが見やすい。ルーペの下端を持って移動できるし、3本指で画面をドラッグすれば、ルーペを移動せずに表示内容を移動できます。また3本指で1.5タップ(ダブルタップして2度目は画面に指を付けたまま)して上下にドラッグすれば、拡大倍率を調整できます。

GR017866

iOS8の写真アプリ。写真の補正が簡単にできるようになりました。せっかく入れたInstaflashですが、ますます必要ない。iOS8の写真アプリ単体でできちゃう‼︎

GR017868

ほかにも便利がたくさん。ありがたい!!

写真はカンボジアのインド料理屋さん。

GR017867

いつもムンタージで食べているメニューをおしなべてオーダーしてみました。

  • サモサ
  • ライタ
  • ビリヤニ
  • ナーン
  • カプリナーン
  • パラク・パニール・カリー
  • バターチキン・カリー
  • ダル・カリー
  • キーマ・カリー
  • チャイ

GR017871

ああ、おいしかった^^

GR017876

2014.09.24

3803-140917 iPhoneに画像編集アプリ「Instaflash」を入れてみた(写真はGR)

GR018331

「Photoshop、持ってません」と言ったら、RICOH THETAのイベントでご一緒したアーティスト、シンヤBさん驚く。シンヤさんの作品はPhotoshopやその他の画像編集アプリを駆使しています。

色調を変化させたり、複数の画像を重ねたり、HDRにしたり。

GR018332

そのシンヤさんがイベントの開始前、Apple Store前で撮影したシータ画像をiPhoneに入れ、なにやら作業をしたあとふと顔を上げて「iPhoneだけでここまでできました。もうiPhoneだけで十分作品を作れますね」とおっしゃるので、拝見。

GR018333

なるほど、たしかにステキ。

その画像は、イベントの中で公開されました。

GR018334

イベントの終了後、シンヤさんに伺いました。

「それは何というアプリですか?」
「Instaflash Proです」→ https://itunes.apple.com/jp/app/instaflash-pro/id888701288
「ありました。あれっ? 今日は無料になってます!!」

GR018336

即インストール。通常は500円のアプリが、なぜか9月16日一日だけ、無料。

偶然、その日にそのアプリの話を聞いて、インストールできたshioは幸運でした。

GR018337

shioのポリシーは昔も今も「写真は撮影した瞬間完成品」。

GR018338

といっても、決して画像の加工を否定しているのではありません。画像を加工するしないにかかわらず、撮影時には、写真として独立の完成度を目指すべき、と考えているのです。以前にも書きましたが、shioは「写真を写す」ことに喜びを感じるので、撮影した写真を加工するより新たな1枚を撮影したい、という志向か強いだけ。

GR018339

Instaflash Pro以外にも、いままで幾多の画像編集アプリをインストールしましたが、ぜんぜん使いませんでした。これを機に、ときには加工してみるのもいいかも。

GR018343

いや、たぶんしないと思う^^

GR018341

2014.09.23

3802-140916 Apple Store 銀座でトークイベント「360度全天球画像を楽しもう」

IMG_4839

9月16日、Apple Store 銀座で、RICOH THETAの楽しい使い方についてトークイベントしました。

シンヤBさん(テンプル大学 アート学科上級准教授、写真家)との共演です。

IMG_4840

開始前にApple Storeの周囲を歩いていたら、iPhone 6の発売を待つ列の最後尾にシンヤさん発見!! 「シャレで並んでみました」というお茶目なシンヤさんと、まずはツーショットで自分撮りシータ。

シンヤさんとシータ^_^ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

シンヤさんとスタバで打ち合わせしてから、Apple Store 3階のTheaterへ行って準備。

IMG_4846

19:00開始。二人をご紹介いただいた後、まずshioが基本の撮影スタイルをデモ。

GR018261

そのときに撮影したシータ画像がこちら。

9月16日、Apple Store 銀座で行ったイベント中にRICOH THETAで撮影した360度シータ画像^_^ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

それをその場でiPad Airに表示してクルクル回したあとに、みんなが写ってる角度で止めてキャプチャーしたスクリーンショットがこれ(↓)。

Apple Store GinzaにてRicoh THETAで撮影、その場でiPad Airでキャプチャー

iPad Airの画面は、2,048 x 1,536ピクセルの解像度(264 ppi)。約314万画素の写真ができ上がります。

GR018249

そしてRICOH THETAで自分撮りするデモ(↓)。

シャッターボタンではない方を自分に向けるのがミソ。

GR018300

その他、RICOH THETAを自立させて、iPhone/iPadをリモコンとして撮影する方法などをお話したあと、シンヤさんにバトンタッチ。

シンヤさんは、RICOH THETAで撮影した画像をPhotoshopで加工したり複数の画像を重ねたりして、アート作品をお作りになっています。素のまま使っているshioとはまったく対極の使い方。

その作品は大変美しく、また面白い。RICOH THETAの可能性が大きく広がる多様な表現を楽しませていただきました。

GR018282

その後、会場のみなさんからのご質問にも答えながらシンヤさんとshioとでシータ対談。どれをとっても対照的な使い方をしているふたりなので、笑いの連続。

例えば「ISO感度はどうしているか」という質問に対してshioの答えは「ISO100固定」、シンヤさんは「ISO1600もよく使います」といった具合。

shioは、リモコンを使うときはISO100固定で撮影し、RICOH THETA単体で使うときはオートに任せる、という使い方です。

GR018281

短い時間でしたが、本当に楽しいイベントでした。シンヤさん、Apple Storeのみなさん、そしてリコーのみなさん、どうもありがとうございました!! そして何よりいらしてくださった方々に感謝申し上げます。少しでもみなさんのご参考になっていればうれしいです。

shioはいつものとおり、ビブラムファイブフィンガーズを履いていました^^(↓)

GR018294

翌日、「産経フォト」さんが記事を掲載してくださいました。感謝!!

最後に、Apple Storeを出ようとしたらシンヤさんの卒業生と遭遇して再会シータ(↓)。

シンヤさん、偶然の邂逅で記念シータ^_^ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

2014.09.20

3801-140915 花小金井で泌尿器科を新規開設する「佐々木クリニック」を撮影

IMG_7010

東京都小平市大沼町で開業から35年続く耳鼻咽喉科「佐々木クリニック」に、10月2日、泌尿器科が併設されます。

IMG_7014

その新しい建物とクリニックの中を撮影しました。

DP2Q7876

  • 佐々木クリニック→ http://www.sasa-cli.com

  • 泌尿器科・小児泌尿器科

    • 小平市花小金井8-11-9
    • 042-344-3390
  • 耳鼻咽喉科・アレルギー科

    • 小平市花小金井8-10-26
    • 042-345-4866

IMG_6815

機材は下記。

IMG_6821

DP2Q7894

DP2Q7913

佐々木クリニック・泌尿器科・2 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

IMG_6840

RICOH THETAで建物を撮影するのは楽しい。

IMG_7102

これ以外の写真はこちらに公開しています。

DP2Q7878

shioが撮影したRICOH THETAの画像はこちらに公開しています。

IMG_7151

IMG_6851

2014.09.17

3800-140914 新型Su-Penゲット

IMG_4593

iPhone/iPadを使うときのshio的必需品「Su-Pen」。

特に、毎日使う「MetaMoJi Note」「MetaMoJi Share」で必須です。

IMG_4545

その最新モデル「Su-Pen T9モデル」が発表されて以来、発売を待ち望んでいました。

タートルガードというペン先保護機能が秀逸です。

東急ハンズで販売されているはずなので、大阪出張のおり、売り場に行ってみたら、ある!! すぐに写真(↓)を撮って、Facebookに報告。

買いました!!

IMG_4544

ペン先が隠れている状態。持ち歩くときにポケットの内側などでペン先が擦れることを防止します。キャップだとなくしてしまう可能性があるので、一体型の方がいい。

IMG_4436

ペン先をねじると筆記する部分が出てきます。大変軽量。書きやすい。

IMG_4435

翌日同じお店に行ったら、Su-Penの店頭在庫、消えていました。大人気^^

IMG_4643

3799-140913 iPhone6 Plusで「Lightning - SDカードカメラリーダー」が使えるか

DP2Q6833

iPhone6 Plusを購入したshio。

目下、最大の願いは、iPhone6 Plusで「Lightning - SDカードカメラリーダー」が使えて欲しい。

Lightning - SDカードカメラリーダーはiPhone5非対応

出先でiPad Airの用途として大きいのがカメラで撮影した画像の取り込みと共有。GRとかdp2 Quattroで撮影した写真を「Lightning - SDカードカメラリーダー」でiPad Airに読み込み、AirDropで周囲の人に送ったり、FacebookやTwitterに紹介したり。

それをぜひともiPhone6 Plusで行いたい。それさえできたら、カメラの写真読み込み目的だけならiPad Airを持ち歩かなくてすむ。iPad Airは講義の黒板として使うから、基本的に研究室に置いておける。

DP2Q6841

「Lightning - SDカードカメラリーダー」を使う便利は例えばこんな感じ。

GRのようにMac/iOSが対応しているRAWファイルは、JPEGと同時にiPad Airに読み込まれ、iCloud経由で自動的にMacのAperture3やiPhotoに転送されます。たとえばカンボジアで撮影して現場でiPad Airに読み込んだGRの写真(RAWとJPEG)は、iPad AirがWi-FiにつながったらiCloudに上がり、自宅のMacに自動的に転送されている。それをiPad Airでなく、iPhone6 Plusで行えたらうれしい。

DP2Q6840

dp2 Quattroのようなシグマのカメラに関しては、そのRAWにMac/iOSが対応していないので、JPEGだけが読み込まれて、iCloud経由で自動的にMacに転送されます。もし1枚で60MBもあるRAWが15MBあるJPEGとともに読み込まれてしまったらので、容量的に困る。だからMac/iOSはこのまま、シグマのカメラのRAWファイルに非対応であり続けて欲しいと願っております^^

DP2Q6852

というわけで「Lightning - SDカードカメラリーダー」をiPhone6 Plusでも使えるようになってほしい。

Appleの英断を期待しています。

DP2Q6844

3798-140912 iPhone6 Plus、SIMフリー、購入しました

GR017288

9月12日16時、iPhone6/iPhone6 Plusの予約や販売が開始されました。

GR017298

オンラインのApple Store、16時を過ぎてもなかなか開店しない。ようやく16:35ころつながって、さくっと購入できました。

  • iPhone 6 Plus 128GB シルバー, SIMフリー
  • ¥99,800(税込み¥107,784)
  • お届け予定日 9/19 : 通常配送

GR017312

以前から、「次はSIMフリーのiPhoneを買いたい」と考えていました。カンボジアに行く途上、ベトナムのホーチミンからカンボジアのプノンペンに行くフライトの中で、何人もの人がiPhoneのSIMカードの入れ替えを行っています。auのiPhone5を使っているshioは、それを眺めながら「いいなぁ……」。

ベトナムではベトナムの電話会社のSIMで使い、カンボジアではカンボジアの電話会社のSIMで使う。そのSIMだって、10ドルくらいのプリペイド。プノンペンの空港で税関を出るとずらっとならんでいるのが携帯電話屋さん。つまり空港を出る前にSIMを買って自分の電話に挿して使うのが普通の光景です。

GR017287

従来、SIMフリーなiPhoneは、新型iPhoneより後に発売されていました。でも今回は、携帯電話会社が売るiPhone6の予約開始と同時にSIMフリー機も発売。ありがたい。

迷うことなく購入です。現在iPhone5で使っているSIM、またはiPad Airで使っているSIMのいずれかをiPhone6 Plusで使う予定です。もしかしたらMVNO(mineo)にMNPするかもしれませんが、それは使ってみてから考えます。

GR017286

3797-140911 電話は保険

GR017263

shioはiPhoneの電話機能を使って通話する機会がほとんどありません。現在使っているiPhone5は、月間通話回数0〜1回。通話料は毎月0円とか60円とか。電話機能、ほぼ不要。

Mac/iPhone/iPadの相手と音声で会話するには、すべてFaceTimeオーディオを使います。キャリアを問わず全世界のMac/iPhone/iPadの相手と24時間通話料無料で話せます。そのうえ高音質。

GR017279

それ以外の相手への通話は「050plus」。固定電話への通話料8.64円/3分、携帯電話への通話料17.28円/1分。

だからiPhoneの電話機能、使う機会がないのです。FaceTimeや050plusはiPadでも使えますし。

GR017277

では電話機能はいらないか。日常的には本当に不要。

ただし、緊急時用に、警察、消防、海上保安庁への通話手段を確保しておくことは必要。つまり、緊急時のために普段から「電話」に料金を支払っておく必要があります。一種の保険です。050で緊急電話ができるようになって欲しいと願っています。

GR017280

なので、通話はほぼしないshioですが、iPhone6 Plusを買います。

SIMは現在iPhone5で使っているauのSIM、現在iPad Airで使っているSIM、またはau回線を使うMVNOであるmineoにMNPしてそのSIMを使おうと思います。

GR017309

最適サイズのiPhone6 Plusを使うのが楽しみです。

GR017269

«3796- 140910 iPhone6 Plusはshio的iPad nano

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください