2014.04.21

3642-140411 多摩美術大学「情報と社会」第1回

GR013956

今年も多摩美術大学で「情報と社会」の講義を担当します。

知的財産法、契約法(民法)を中心に、クリエイター自身が理解していることが必要なルールに関して、学生たちが実際に自分で条文を読んで具体的に判断できるようになることを目的とします。

例によってデジタル黒板とChatWorkを使い、発言回数による発言点のみで評価します。

GR013955-2

3641-140410 成蹊大学「民法2」第1回

GR013918

成蹊大学「民法2」講義、第1回。

2年生向け、契約法の体系を身に付ける講義です。成蹊大学では1年生向けの民法1を3クラス(各約100名)に分けて3人の教員(うち1名はshio)が担当しています。民法2以上は1クラス。つまり、1年生のときに3人の教員で異なる内容を身に付けた学生が、一堂に会する初めての民法の講義です。

講義開始時点で、425人収容の5号館102教室の前半分がほとんど埋まっている状態。

今年からこの大教室でも「デジタル黒板」を使います。この教室はプロジェクターが旧式で比較的暗いため、昨年までこの大教室だけは「デジタル黒板」を使いませんでした。しかし、スクリーンは大きく、Share Anytimeによるデジタル黒板では必要部分を非常に大きく拡大して表示することから、プロジェクターの光量が暗めであっても十分な視認性を得られることがわかったので、今年から使うことにしたのです。これで完全に、shioが担当するすべての講義でデジタル黒板を利用していることになります。

すでに大学の方で、教室にApple TVを常設してくださってあるので、shioは教卓の操作盤で電源をONにし、「HDMI」ボタンを押すだけでOK。自動的にステージ上のライトが減光し、正面のホワイトボードが左右に割れて奥から大型のスクリーンがせり出し、プロジェクターがONになって、Apple TVの画面が投影されます。shioは、持参したiPad Airを教室のWi-Fiに接続し、教室のApple TVを選択するだけ。iPad Airの画面がプロジェクターで教室正面に大きく表示されますので、Share Anytimeを開いて準備完了。マイクはピンマイクを使って両手を自由にします。

GR013914

講義開始。挨拶したあと、「民法、好きな人?」「民法、面白いと思う人?」と問いかける。

昨年1年間民法1の講義を履修して、もし「民法面白い」と感じていなかったら、それは教えた人に責任がある。これから半年間、shioが民法を教えて、半年後、民法を面白い、とみなさんが感じていなかったら、それはshioの負け。shioがこの講義を通してみなさんにお伝えしたいのは、「民法は面白い」ということだから、といったことを話す。

まず学生全員に、「民法って何ですか?民法は何のためにあるのですか?」という中学生からの質問に対する回答を、12行以上、消えないペンで記述してもらいました。そのあと、書いたオピニオンペーパーを学生同士5人で読み合い、4人にコメントを書いてもらいました(1人が4人分にコメントするということ)。

GR013916

  • 頭を使って身体を動かす。手、目、口……。教室は学生たちがエクササイズするジム。shioはコーチ。教員だけがエクササイズして学生が見学しているような体育の授業はない。みなさんの体育、脳みそもみなさんの身体の一部、それを鍛えましょう。
  • さてでは民法って何ですか?→十数名が発言。その発言を受け止めながら、すべて褒め、さまざまなコメントをする。またその過程で、この講義のルールとか発言の方法を伝える。
    • 発言するときは書いたものを見ない。書く言葉としゃべる言葉は別の言語。だから、書いたものを読まない。読み上げない。しゃべるときは、書いたものを伏せる。見ない。
    • 発言回数を記録してください。挙手して発言したものをカウントしてください。shioは、挙手していない人に発言を求めることは絶対にしない。
    • 発言は早い者勝ち。ただし同時に挙手した人が複数いる場合、前の列が優先。

GR013911

  • さきほど、みなさんがいまこの時点で、民法をどのように理解しているかを、言語化し、客観化し、マイルストーンとして記録していただいた。この30回の講義で、みなさん自身の民法観を膨らませていってほしい、民法とはこういうものだというイメージを精緻に築き上げてほしい。そして3ヶ月後、みなさんが民法を今よりありありと説明し、描けるようになっていたら、それがみなさんの成長であり、進化。

  • 質問:試験はどうやって採点するのですか?→100点満点というものはない。人の能力は無限。100点という上限を前提とするのは間違い。だから減点する発想は皆無。すべて加点法。いいところ、面白いところ、よく書けているところをどんどん加点していく。

  • 質問:発言点には発言内容が加味されるのですか?→みなさんが発言した内容に、善し悪しはありません。だから内容を問わず発言1回1点。
  • 質問:試験はどのような形式ですか?→過去問はすべてshioのblogに掲載してあります。検索してください。
  • 質問:どのような答案が高い評価を得られますか?→あなたがどう考えているかがよく表現されている答案です。条文、学説、判例は私も知っているので詳しく書いていただかなくて結構です。ある問題に対して、あなたがどう考えるのかを表現してください。客観情報を素材に使って、あなたの主観を表明する。そのクリエイティビティによって未来をつくっていく訓練をするのが大学です。

そんな感じのオリエンテイションと導入から講義を始めました。今年も面白くなりそうです。

GR013909

2014.04.15

3640-140409 政策研究大学院「民法」第1回

IMG_2197

水曜1・2限は政策研究大学院(GRIPS)で「民法」の講義。大学院ですが、法学系学部出身者以外を主たる対象とした初心者向け民法講座。履修者は26名。

例によって、iPad AirとShare Anytimeによる「デジタル黒板」を使った対話式講義です。講義中の一斉発言用ツールとして、ChatWorkを使っています。

IMG_2108

さすが大学院なので、1回目の講義でガイダンスの後、条文の分析を始めるところまで進みました。議論が活発かつ建設的で、ありがたい。

GR013903

終わったら即行で移動して会議に出席。

上の写真は「リコッタチーズのセミフレッド、パッションフルーツソース」。ゴブランのデザートメニューです。大好物。もうすぐ、中に入れるフルーツが変更されるとのこと。楽しみ!!

IMG_2109

2014.04.14

3639-140408 成蹊大学「民法1」第1回

GR013883

新年度が始まりました。火曜1限は1年生向けの「民法1」の第1回。

まったく初めて法律に接する学生たち。その思いをくみとります。

shioの講義は原稿なし、レジュメなし、計画なし。100%アドリブ。話す内容は学生たちと対話しながら決めていく。なので、記憶を頼りに、自分が話したトピックを書き起こしてみました。

GR013886

  • 最初の20分間で「民法に対するイメージ」を各自、オピニオンペーパーに記載(A4判用紙の半分くらいまで)。他人に提出する書面なのだから鉛筆(シャーペン)でなく、消えないペンで、責任持って。
  • 書き終わったら、各列5名程で回して、互いにコメントを書きあう。
  • 挙手した学生のうち30名くらいに、各自の「民法に対するイメージ」を発言してもらう。
  • その際、成績評価の50%は期末試験の点数、50%は発言の積算回数(つまり発言1回1点)で付けること、挙手した人に発言権があること、挙手が競合した場合は前の列の人が優先、というルールを伝える。
  • shioの「民法のイメージ」をiPad AirのShare Anytimeを使った「デジタル黒板」に板書。
  • 1年間、shioの民法観を見て、聞いて、自分の民法観を作っていって欲しい。
  • みんな、ノート取ってる???
  • ノートの使い方。shioは横置き。その理由。
    1. 客観と主観を分ける。
      • 左側に教員が言っていることを、わかってもわからなくても書いていく。
      • 右側が空く。そこに、自分の思考を投影する。教員が言っていることに対して、「面白い!!」「なぜ?」「それはおかしい」「よくわからん」「自分ならこう考える」「先週言っていたことと矛盾するのではないか?」
      • 左が客観、右が主観。
      • 左が他人、右が自分。
      • 左が環境、右が自己。
      • 左が過去、右が未来。
      • 左が「学」、右が「問」。
      • 左よりも右が重要。
    2. スクロール感覚。人生は1本の線。講義も1本の線。
  • 学問で最も重要なことは、客観と主観を分けること。客観的に得た情報をさも自分が考えた、自分のアイディアであるかのように表現することは絶対にしてはいけない。客観情報には必ず出典を明示(著作権法48条)。
  • ノートは自己表現の場。そのきっかけとなるのが客観情報。客観情報(左)から感じたこと、考えたことを右に書く。
  • 「みなさんがどう考えるか」に価値がある。「私はこう考えます」。我々の心、知性から生み出されるもの、どう感じ、どう考え、どう表現するか。あなたはどう考えますか。それを研ぎ澄ましていく。主観を研ぎ澄ましていく。みなさん自身が未来をつくっていく。そのために大学に来ているのです。
  • 学問は、「!」と「?」との循環。
    • 「!」が「学」、「?」が「問」。
  • 「学問」とは何か。
    • 高校までは「学習」する。世の中でスタンダードな考え方、知識、情報を学び取る。客観情報をどんどん摂取する。取り込む。
    • 客観情報は事実だから、正解はひとつ。「誰々が何々と言った」「いついつに何々が起こった」「この人はこう考えている」……。事実はひとつ。正解はひとつ。
    • だから高校までの学習や大学入試では、原則として「正解はひとつ」という世界。
    • 大学に入ってもその延長で、正解を探そうとしてしまう。しかし、学問に正解はない。
    • 大学は「学問」するところ。後の世の小中高校生が「学習」することになるような内容を作るところ。
    • 高校までは学習が目的。大学でも学習する要素はもちろんある。しかし、大学では学習は手段。目的は学問。知的な付加価値を創造していく。
    • 「学問」とは学を問うこと。「学」に対して、本当か?、それでいいのか?と問いかけ続ける。より良いものはないのか?より今の社会に適切なものはなんだろう、と問い続ける。よりよいアイディアを出す、ベターな、より現代の社会に適合したしくみ、ルール、考え方を出すために問う。
    • 主観を問われているのだから、解は人の数だけある。唯一絶対の正解は存在しない。法律学において唯一絶対の正解はない。あるのは人それぞれの解。それはあなた自身の心の中にある。答えは人の数だけある。
  • という話を聞いて、疑問を持ちませんか? shioの話もみなさんにとって、客観情報だよ。疑問を持って欲しい。
  • 法律学において本当に正解はないのか。→1つの訴訟で裁判は何回できますか。3回。地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所。法律のプロである裁判官が、3人、5人、ときには15人で合議して下す判決が、3度の裁判で各々異なる。これが、法律学において唯一絶対の正解はない、あるいは正解が複数あるという何よりの証拠です。裁判官の数だけ、正解があります。
  • みなさんが自分自身の民法観を描けるようになっていただきたい。各種の法律問題に対して、ご自身の解を自分の力で出せる人になって欲しい。そのツールとして民法を使えるように、この講義でトレイニングしていただきたい。shioはコーチです。トレイニングするのは私ではなくてみなさんです。
  • shioがお伝えしたいのは、「民法は面白い!!」ということ。ものすごく面白い。それを1年かけてお伝えしていく。ちゃんとこの講義に1年間参加して、1年後、民法を面白いと感じていなかったら、それは私に責任がある。
  • 今日書いた「民法のイメージ」が1年後、どう変わっているか。たぶん大きく変わっていると思います。その変化がみなさんの成長です。進化です。
  • 民法は面白い。1年間、楽しく進めていきましょう。

GR013891

5限はゼミ。全員で自己紹介して、各種の役職を決めて、「民法パート」と「知財パート」に分けて始動。

GR013896

写真は成蹊大学前の絶品イタリアンレストラン「イルラメリーノ」のランチをリコーGRで撮影。

GR013898

2014.04.07

3638-140407 掲載情報「MacPeople 5月号」「flick! digital 4月号」「クラウドサービスビジネス活用術」「段取りのいい人の書類、手帳、ノート術」

GR013870

掲載情報4つ。

3月29日にMacPeople5月号が発売されました。shioの連載「知的生産のMac術」は184-185ページ。タイトルは「メールはアーカイブで片づく」です。

GR013876

一方、インタビュー記事が掲載されたものが3つ、出版されています。最初の2つはshioのクラウドサービスの使い方について取材を受けたもの。いずれもエイ出版社で、「クラウドサービスビジネス活用術」は書店の店頭で販売されており、「flick! digital」は電子書籍です。

GR013879

そして最後。宝島ムックから。

どうぞご覧くださいませ。

写真は、「旅人の木」の後の後にできた「麺屋 鳳(おおとり)」。自家製麺のもっちりとした麺にこってりスープで大満足な二郎系です。チャーシューの厚みがド迫力!! また行きます!!

GR013881

3637-140406 成蹊大学桜祭

GR013863

成蹊大学の桜祭。

なぜか今年は桜を撮影する機を逸して、ほとんど撮影していない。

路傍の桜をちょっとだけ撮影しました。

GR013834

2014.04.06

3636-140405 多摩美術大学情報デザイン学科カリキュラム全体会議でもビブラムファイブフィンガーズが人気

GR013107

昨年から非常勤で「情報と社会」を担当している多摩美術大学情報デザイン学科で、カリキュラム全体会に参加しました。

shio以外はみなさん、アプリを開発したり、Webサイトをデザインしたり、電子書籍を作ったり、フォントを作ったり、という方々。すっごく面白い会合でした。

GR013108

ネクタイしてスーツなんか着ていったのはshioだけ^^

例によって、shioが履いているビブラムファイブフィンガーズの話題で持ち切り。trippenの靴を履いている方が2人いらして、みなさん、靴に対する関心が強い。

shioが靴と靴下を脱いで、赤ちゃんのようにツルツル、スベスベ、プニプニになった足の裏を見せると、一様に驚いていました。その他、不整脈と花粉症が治った話とかインフルエンザに罹っていないなどshioの話をいろいろ聞いて、何人もの先生方がビブラムファイブフィンガーズを買ってみるとおっしゃっていました。

GR013115

面白いのは、他のところでビブラムファイブフィンガーズを見せると、決まって「踏まれたら痛くないのか」とか「指をぶつけないか」とか「濡れたらどうする」といったネガティブな反応をする人がいるのに、多摩美の先生方の中にはそういう人が一人もいなかったこと。みなさん「面白い!!」「かっこいい!!」「履いてみたい!!」といったポジティブな反応ばかり。

ビブラムファイブフィンガーズを履いていると、それを見た人の反応で、その人の本性が見える気がします。

靴、大切です。

GR013106

3635-140404 「Fitbit One」によると2か月で1000階分昇ったらしい

GR013101

今年2月1日以来、歩数計として「Fitbit One」を使っています。

一日の歩数、歩行距離、昇った階数、アクティブな時間、消費カロリーが自動的に記録され、iPhoneアプリにBluetoothで転送されます。いままで、数多くの種類の歩数計を使ってきましたが、これがベストです。USBで充電でき、1度充電すれば2、3週間OK。軽くてコンパクト。iPhoneで各数値を見るだけでなく、本体でも表示される。時計が表示できるのもいい。

歩数だけわかればいいと思って使い始めましたが、昇った階数がわかるのはかなり励みになる。昨日(4月3日)、「1000階」昇ったとのメイルが届きました。使い始めて2か月で、スカイダイビングと同じ高さまで昇ったらしい。例えば都心の地下鉄に乗り降り、乗り換えするとき、すべて階段を使っています。エスカレーターより空いているので、スイスイ昇降できます。Fitbitを見ると、都心に行く往復で地下鉄に4本乗っただけで30階分以上、昇ったりしている。

GR013097

小さくて軽くてなくしやすいので、「薄いマネークリップ」に付けてます。

これなら落とさない。そして確実にポケットに入れているから、計測忘れもない。

GR013102

2014.04.02

3629-140402 1円単位の支払いが増えたので全面カード決済化

GR013141

消費税が8%になって2日目。どこに行っても支払いが1円単位の金額。

小銭が増えるのは煩わしい。

GR013144

お金を持ち歩くためにshioが使っているのは、「薄いマネークリップ」と「小さい小銭入れ」。

GR013155

小銭はご免です。

そこで、今後は全面的にカード決済をすることに決めました。いままでも主としてクレジットカードで支払っていましたが、今後は小額の支払いも含めて、すべてクレジットカード、Suica、Edyで支払うことにします。

GR013139

3628-140401 Macの「Astro for Facebook Messenger」アプリが気に入った

GR013323

FacebookメッセージのMac用アプリ「Astro」を使い始めました。

上記からダウンロードして7日間無償試用し、1.99ドル支払って継続使用するもよし。App Storeでは無償版と有償版(200円)が販売されています。shioは、最初からApp Storeで有償版を購入して使っています。

GR013320

現在、shioの三大連絡手段は、

  1. Mac/iPhone/iPadの「メッセージ」
  2. ChatWork→ http://www.chatwork.com/ja/
  3. Facebookメッセージ

このうち、Facebookメッセージだけは、メッセージ画面の周囲に広告が表示されます。またFacebookの各種お知らせも目に入る。だからできればFacebookの画面を開きたくない。Facebookを使いたいわけではなく、メッセージを使いたいだけだから。

その点、「Astro」を使うと、メッセージ機能だけを独立して使えます。敬愛するDrikinがblogで教えてくださいました。ありがたい!!

まだ、少し不安定な部分がありますが、十分に実用になるレベル。徐々に安定度も増していくはずです。楽しみです。

GR013315

3627-140331 インフルエンザに罹らず、花粉症も発症しないワケ

DP1M1958

3月も終わり。

今シーズンもインフルエンザに罹りませんでした。風邪もひきませんでした。そして2年前まではひどかった花粉症もまったく発症していません。

今年2月には、20年ぶりにインフルエンザに罹った妻の隣で数日寝ましたし、インフルエンザに罹った子供の横でも数日寝ました。でも、shioは罹患せず、それ以外の風邪などの諸症状も一切なし。予防接種はしていません。

そして実はこの冬、shioは密かに実験をしていました。石鹸を使う手洗いとうがいをしないとどうなるか、という実験。一度もうがいをしませんでした。そして頭や身体に石鹸を使わないのは以前からですが、手も、石鹸を使わずに水かお湯だけで洗っていました。もちろん、アルコール消毒とか、一切やっていません。

それでもインフルエンザに罹りませんでした。

DP1M1964

2月に書いたエントリーで、ビブラムファイブフィンガーズを履いた効用として、血行が良くなる結果、いろいろな効果を実感していると書きました。

去年の3月に書いたエントリーでは、花粉症が治まった上、不整脈も完治してしまったと書きました。

DP1M1957

実際shioは2012年の春までは、毎年インフルエンザに罹っていました。多い年は1シーズンに2回も。例えば2012年にはCP+の直前にインフルエンザに罹ったのでCP+にいけなかったとblogに書いています。

DP1M1960

それが、2012〜2013年の冬と春、2013〜2014年の冬と春、2シーズン連続でインフルエンザと無縁、花粉症とも無縁。

これだけ劇的な変化があると、実感として、免疫力が向上したのだろうと推測せざるを得ません。ビブラムファイブフィンガーズを履いて歩くと明らかに血行が良くなるので、それが免疫力の向上に役立っているのだと思います。2009年5月に下記のエントリーを書いています。

ウィルスを排除するという発想ではなく、自分の免疫が強くなると各自が信じる方法で自衛するのがベストだと思います。相手を変えようとするのではなく自分を変えるのがつきあいの基本。

shioがこの2年間に行っていることを列挙すると以下のとおりです。

  • 履物はビブラムファイブフィンガーズのみ。
  • 年中腹巻き。
  • 口に入れるものは原則として体温以上の温かいもののみ(例外は大好きなアイスクリームを熱い紅茶などとともに)。
  • 18時間ダイエット(固形物を食べるのは夕食のみか、昼食と夕食。18時間以上連続した空腹時間を毎日確保する)
  • たくさん笑う。
  • ストレスなし(周囲の事象をストレスと思うか思わないかは自分のとらえ方次第だから)
  • 熱めのお風呂に入って汗をかく。
  • 身体も頭も、石鹸やシャンプーを使わない。お湯だけで洗う。

DP1M1943

2014.04.01

3626-140330 Note Anytimeや辞書アプリがセール中

DP1M1860

アプリがセール中。

  1. Note Anytime(800円)──200円でセール中。3月26日〜4月6日。
  2. 「三省堂国語辞典第7版」アプリ(1,700円)──発売記念で900円でセール中。3月28日~4月14日。
  3. 「リーダーズ英和辞典(3版)&プラスセット」アプリ(11,800円)──発売記念で5,400円でセール中。3月15日~4月18日。
  4. 「模範六法 2014 平成26年版」アプリ(4,900円)──発売記念セールで3,200円。4月14日まで。
  5. 「模範小六法 2014 平成26年版」アプリ(1,900円)──発売記念セールで1,200円。4月14日まで。

DP1M1853

Note Anytimeは元々持っているので、2、3、4を購入しました。

特に、4の模範六法は必需品!!

DP1M1852

«3625-140329 3個口よりコンパクトな4個口

My Photo

ブログ内検索

  • 検索語を入力してください